香椎ゆゆ 公式サイト

自分磨きは誰のため?

好かれるための行動は良いものだと、しみじみ思う。

 

どうやったら好きになってもらえるか
好きになってもらうにはどうしたらいいか
を、考えることで、磨かれていくから。

 

ただ、それをやるならターゲットはあった方がいい。

闇雲に、不特定多数の人に好かれよう・モテようとしても、
本当に自分が好きな人から、自分らしさ全開の自分が好かれなくっちゃ
その努力は無駄になったと感じてしまうから。

 

 

自分らしさとはすなわち、無意識に出ている自分。

その、自分らしさというものは、いかようにでも変えられる。

 

時間と習慣が味方となって、「こうありたい自分」に。
そしてそれは少しずつ「自分らしさ」に変わっていくもの。

だから、今の自分が嫌いならば、
「こうありたい自分」を日々積み重ねていけばいい。

 
振り返ったら、
今の「自分」が過去の「自分」とは全くの別人になってる
ということは、よくあること。
 
それは自信に繋がることでもあるし、
やり方を変えたら自信喪失に繋がることでもある。
 
日々の習慣が「自分」を作っていくだけだから、
明日以降の自分は今から少しずつ構築していけばいい。
 
 
 
ただ、そういう構築はビル建設と同じで、非常に時間がかかるもの。
単発で短期間だけ、その場しのぎで変えることは簡単。
でも例えるならそれは、雨風しのげる程度の掘っ建て小屋。
この先長くすむ住居にはならない。
 
だから、「自分を磨く」ことや「自分を変える」ことは、
大抵が長期に渡るし、
丁寧に組み立てていく行程の中では
楽しさだけでなく、苦しさが入り混じることでもある。
 
それでも「こうありたい自分」から目を逸らさなければ大丈夫。
これを読んだあなたなら、できるよ。
 
 

PAGE TOP